岡山市で歴史を感じよう!おすすめの見どころ3選

岡山市のシンボル岡山城

岡山のシンボルとして名高い岡山城。戦国時代に建てられたこの城は、いくつかの大名家によって整備と拡張が行われました。岡山城は別名烏城とも呼ばれていて、黒い下見版の堂々としたたたずまいからこの別名が付けられました。三層六階の漆黒の天守閣は再建されたものですが、外観は旧来通りに復元されています。城の最上階からは岡山市内を望むことが可能です。岡山駅からは路面電車で約5分の城下停留所で下車し、徒歩約10分でアクセスできます。また、年末年始が休館日になっているので注意が必要です。

日本三名園の1つ後楽園

岡山城の背後を流れる旭川を渡ると岡山後楽園があります。ここは金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられています。広々とした池や築山をもつ約13万平方メートルの回遊式庭園であり、国の特別名勝にも指定されました。14年もの歳月をかけて、1700年に完成したといわれています。中でも、中洲の緑に囲まれた回遊式の大名庭園はとても見ごたえがあります。岡山城から徒歩圏内なので、セットで観光することをおすすめします。

歴史を感じる吉備津神社

歴史を感じさせる吉備津神社は、吉備線吉備津駅から徒歩10分の場所にあります。全国で唯一の様式である吉備津造りの本殿は国宝にも指定されています。また、県指定重要文化財にも指定されている一直線の廻廊は、長さが約360mにも及んでいてとても見ごたえがあります。この神社は縁結びや夫婦円満、安産育児や長寿などにご利益があるとされ、人生を豊かにするパワースポットとして大勢の参拝客が訪れます。

ヤートラルートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です